2020年12月15日
イベント情報

1月15日(金)ロシア連邦税関庁による日本企業向け説明会・意見交換会

 経済産業省とロシア連邦税関庁、ならびに(一社)ロシアNIS貿易会は、「ロシア連邦税関庁による日本企業向け説明会・意見交換会」をオンライン形式にて開催いたします。同時に、ロシア連邦税関庁による「通関手続における電子化の取組」についてそれぞれプレゼンいただく機会を設けます。
 ロシアの通関制度への理解を深めるとともに、露連邦税関庁と意見交換を行う良い機会かと考えますので、ご関心のある企業は是非ご参加下さい。

日時 2021年1月15日(金)15:30~17:30
形式 オンライン開催
※ Zoomのサービスを利用(ブラウザ上で参加できるため、ソフトをインストールする必要はありません)。
※ 配信リンク及び当日の操作方法に関しては、後日、お申込みをいただいた方にお知らせします。
主催 日本国経済産業省、ロシア連邦税関庁
共催 (一社)ロシアNIS貿易会
使用言語 日ロ同時通訳
参加申込期限 2021年1月13日(水)18:00
※申し込みを締め切りました。ご参加のためのリンクは既に送信済みです。締め切り後にお申し込みされても、受領確認のメールが届くことがありますが、自動送信ですのでその後、リンクが届くことはありません。悪しからずご了承ください。
連絡先 ◇プログラム等、全般について
経済産業省通商政策局ロシア・中央アジア・コーカサス室 
担当:班(はん)、濱崎 /TEL:03-3501-2838
◇その他
(一社)ロシアNIS貿易会 ロシアNIS経済研究所
担当:輪島、長谷 /TEL:03-3551-6218
Email:webmaster@rotobo.or.jp

プログラム

15:30-15:40 開会挨拶
靏田 将範 経済産業省通商政策局欧州課長 挨拶(5分)
アンドレイ・アルフョロフ ロシア連邦税関庁税関協力局第一局次長 (TBC) 挨拶(5分)
第一部 ロシアの通関制度
15:40-16:00 ロシア連邦税関庁による通関制度の説明(20分)
「国内消費、輸出、及びトランジット向け商品供給に係る税関業務の法的枠組みと通関手続きの所要時間」
セルゲイ・カブロフ ロシア連邦税関庁税関申告・税関管理総局上級コンサルタント
ウラジスラフ・ドミトリエフ ロシア連邦税関庁税関申告・税関管理総局主席税関監察官
16:00-16:10 日本企業からの報告・ロシア税関への要望
① 柿塚 泰 MHIロシア社長(5-10分)
16:10-16:20 ② 藤原 政司 三井物産株式会社 経営企画部グローバル業務室次長(5-10分)
16:20-16:50
参加者も含めた意見交換(30分)
第二部 通関の電子化の取組
16:50-17:05 ロシア連邦税関によるデジタル化の取組の説明(15分)
「ロシア連邦税関庁の2030年までの戦略的発展基本方針」
レオニード・サビツキー ロシア連邦税関庁分析局第一局次長
17:05-17:25 参加者も含めた意見交換(20分)
17:25-17:30 閉会挨拶
班 太郎 経済産業省通商政策局ロシア・中央アジア・コーカサス室課長補佐  挨拶 (5分)

お問い合わせзапрос

当会では、ロシア企業への提案をお持ちの方からの案件提案を承っております。
その他当会への照会・お問い合わせもこちらのお問い合わせフォームより承ります。

事務局へのお問合せ イベント・各種お知らせの掲載依頼